市場ニュース

戻る

【通貨】NY為替:金利ピークの思惑でドル売り強まる

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、130円05銭まで上昇後、129円27銭まで下落して129円58銭で引けた。米金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。そののち、カナダ中銀が金融政策決定会合で、市場予想通り25ベーシスポイントの利上げを実施すると同時に、インフレの低下受けて、今後政策金利を据え置く可能性を示唆。米金利ピーク観測も強まり、ドル売りに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.0864ドルから1.0924ドルまで上昇し1.0916ドルで引けた。欧州の予想外のプラス成長を期待したユーロ買いが優勢となった。ユーロ・円は141円00銭から141円49銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.2307ドルから1.2399ドルまで上昇した。ドル・スイスは、0.9230フランへ上昇後、0.9173フランまで反落した。

《MK》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク