市場ニュース

戻る

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

しまむら <日足> 「株探」多機能チャートより

■しまむら <8227>  12,160円 (-440円、-3.5%)

 東証プライムの下落率5位。しまむら <8227> [東証P]が大幅安で4日ぶりに反落。23日の取引終了後に発表した1月度(22年12月21日~23年1月20日)の月次売上速報で、既存店売上高は前年同月比0.2%増と前年実績を上回ったものの、12月度の3.9%増から増収率が大きく鈍化したことが嫌気されたようだ。年末にかけて冷え込みが強まったことにより、婦人と紳士のアウター衣料でPB「CLOSSHI」のニットアイテムやタートルネックTシャツ、ダウンや中綿のジャケットとコートが売り上げを伸ばしたほか、オケージョン需要の回復でフォーマル用のスーツやバッグも好調だった。一方で、年明け以降は気温の上昇により冬物全般の動きが鈍くなった。なお、全店売上高は前年並みだった。

■レオパレス <8848>  312円 (-7円、-2.2%)

 レオパレス21 <8848> [東証P]が3日ぶりに反落。環境省などが同社に対し、エアコンやテレビなどの廃棄家電を不適切に処理した疑いがあるとして立ち入り検査をしていたことが分かったと23日に伝わった。2022年9月に、環境省などの職員が家電リサイクル法に基づいて実施したという。報道を嫌気した売りが出たようだ。レオパレスは24日の取引開始前に、報道について「環境省の立ち入り検査が実施されたことは事実」などとするコメントを発表した。同社は家電を購入後、管理アパートに設置し、代金をアパートオーナーから受領していることから、家電リサイクル法上の「小売業者」に該当し、廃棄時のリサイクル券の交付・管理・保管などの義務があったが、小売業者との認識を持っていなかったという。現在、新たな処理方法の運用を一部で開始しており、今後切り替えを行っていくとしている。

■亀田製菓 <2220>  4,270円 (-80円、-1.8%)

 亀田製菓 <2220> [東証P]が続落した。23日の取引終了後、23年3月期の連結業績予想について、営業利益を50億円から35億円(前期比27.6%減)へ、純利益を37億円から16億円(同63.8%減)へ下方修正し、営業増益予想から一転して減益予想としたことが嫌気された。国内米菓事業が底堅い需要に支えられ、海外事業及び食品事業が引き続き好調に推移していることから、売上高は920億円から945億円(同11.0%増)へ上方修正した。ただ、米子会社のメアリーズ・ゴーン・クラッカーズ社(MGC社)の収益性がオーガニック原材料の価格高騰やインフレによる賃金の上昇などにより悪化したことに加えて、国内米菓事業において期初の想定を大幅に上回る原材料、エネルギーコストの上昇の影響を受けることから、利益は下方修正するとしている。

■西松屋チェ <7545>  1,504円 (-20円、-1.3%)

 西松屋チェーン <7545> [東証P]が3日続落。23日の取引終了後に発表した1月度(22年12月21日~23年1月20日)の月次売上高速報で、既存店売上高が前年同月比4.2%減と2ヵ月ぶりに前年実績を下回ったことが嫌気された。前年と比較して気温の高い日が多く、冬物衣料の売り上げが前年を下回った。なお、全店売上高は同1.6%減だった。

※24日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク