市場ニュース

戻る

【通貨】NY外為:ドル・円一時129円台まで、ドル反落、米リセッション懸念、PMI予想上振れも50割れ

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

米1月製造業・サービス業PMIは予想を上回ったものの、依然50割れで推移したため景気後退懸念が強まった。S&Pグローバルマーケットのチーフエコノミストも、年初からの活動減速で景気後退リスクが上昇する中、賃金圧力を含めたインプットコストの上昇加速でFRBの利上げ継続がさらなるリスクになると懸念を表明。米10年債利回りは3.55%まで上昇後、3.47%へ低下する荒い展開となった。

ドルも上下に振れ、ドル・円は131円12銭まで上昇後、129円80銭まで反落。ユーロ・ドルは1.0835ドルの安値から1.0880ドルまで反発した。ポンド・ドルは1.2264ドルの安値から1.2327ドルまで反発した。

《KY》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク