市場ニュース

戻る

【注目】★本日の【イチオシ決算】 オービック、ディスコ、イワブチ (1月24日)

オービック <日足> 「株探」多機能チャートより

1)本日(1月24日)引け後に発表された決算・業績修正

 ●イチオシ決算

【オービック <4684> [東証P]】 ★4-12月期(3Q累計)経常は20%増益、今期配当を30円増額修正
 ◆23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比19.6%増の532億円に伸びて着地。主力とする統合業務ソフトのシステム構築で大手・中堅企業の新規顧客獲得が進んだことが寄与。クラウドソリューションを中心に運用支援・保守サービスが伸びたことも大幅増益につながった。
  通期計画の656億円に対する進捗率は81.2%に達しており、業績上振れが期待される。
  併せて、今期の年間配当を従来計画の220円→250円(前期は215円)に増額修正した。

 ●サプライズな決算発表・業績修正

 イワブチ <5983> [東証S]  ★今期最終を4.3倍上方修正
 ◆23年3月期の連結最終利益を従来予想の1.7億円→7.3億円に4.3倍上方修正。減益率が77.4%減→3.0%減に縮小する見通しとなった。売上高は計画を下回るものの、収益性・生産性の向上による採算改善で補う。また、負ののれん発生益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

 ディスコ <6146> [東証P]  ★非開示だった今期経常は13%増で3期連続最高益、65円増配へ
 ◆23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比25.5%増の801億円に伸びて着地。世界的なEVシフトや脱炭素化の進展などを背景にパワー半導体向け設備投資の旺盛な需要が継続するなか、精密加工装置の高水準な出荷が続いたことが寄与。為替の円安進行なども増益に貢献した。
  併せて、非開示だった通期の同利益は前期比13.1%増の1046億円と3期連続で過去最高益を更新する見通しを示した。
  業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は873円(前期は808円)実施する方針とした。

2)1月25日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■取引時間中の発表
  ◆第3四半期決算:
   <4556> カイノス [東S]
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <6866> HIOKI [東P]
  ◆第1四半期決算:
   <4751> サイバー [東P]   ★
   <6200> インソース [東P]
  ◆第3四半期決算:
   <1723> 日本電技 [東S]
   <1967> ヤマト [東S]
   <3850> イントラマト [東S]
   <4498> サイバトラス [東G]
   <4726> SBテク [東P]
   <6629> Tホライゾン [東S]
   <6755> 富士通ゼ [東P]
   <7970> 信越ポリ [東P]
   <8595> ジャフコG [東P]  ★
  合計13社

 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク