市場ニュース

戻る

【市況】アジア株 香港株は1年超ぶりに1万9000の大台回復、米利上げペース減速に中国ゼロコロナ緩和期待

アジア株 香港株は1年超ぶりに1万9000の大台回復、米利上げペース減速に中国ゼロコロナ緩和期待

東京時間11:00現在
香港ハンセン指数   18935.88(+338.65 +1.82%)
中国上海総合指数  3192.34(+41.00 +1.30%)
台湾加権指数     15120.43(+240.88 +1.62%)
韓国総合株価指数  2485.19(+12.66 +0.51%)
豪ASX200指数    7356.70(+72.53 +1.00%)

アジア株は全面高、前日の米株大幅上昇を受け買い優勢で始まった。

パウエルFRB議長は早ければ12月にも利上げペースを落とす可能性に言及した。また、中国のゼロコロナ政策緩和期待も一段と高まっている。コロナ政策担当の中国副首相は、コロナ対策は新たな段階に入りつつあると述べた。
中国の11月30日の新規感染者は3万4942人。3日続けて前日比で減少しており、ピークアウト期待が高まっている。ただ、首都北京市ではじめて5000人を突破したほか、上海市で連日増加していることはやや気がかり。

香港株は大幅続伸。一時、約1年3カ月ぶりに1万9000の大台を回復した。11月は月間ベースで1998年以来の上昇率を記録した。
バイドゥやアリババなどハイテク関連の上げが目立つ。医療品や消費者サービス関連も上昇。中国コロナピークアウト期待から、カジノ運営会社のサンズチャイは5.9%高、ギャラクシーエンターテイメントは5.8%高。

出所:MINKABU PRESS


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク