市場ニュース

戻る

【特集】一目均衡表【買いシグナル】低PER 28社選出 <テクニカル特集> 11月30日版

みずほリース <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより
 30日の東京株式市場は主力株をはじめ広範囲に売りが優勢となったが、半導体主力銘柄は底堅さを発揮し、全体指数も売り一巡後は下げ渋る展開だった。日本時間あす未明に予定されるパウエル氏の講演や、週末の米雇用統計発表を控え、売り買いともにポジションを一方向に傾ける動きはみられなかった。セクター別では海運株が買いを集め、防衛費の引き上げから防衛関連株なども上昇。MSCIの指数見直しに伴い全体売買代金は4兆円を上回るなど活況だった。大引けの日経平均株価は前日比58円安の2万7968円と4日続落。プライム市場の値上がり銘柄数は488、値下がり銘柄数は1287、変わらずは61。

 本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」銘柄 47社の中から、予想PERがプライム市場平均の 13.71倍を下回り上値余地があるとみられる 28社を選び出しました。

 ⇒⇒ スタンダード・グロース市場を含めた全銘柄版「一目均衡表・3役好転」も、併せてご活用ください。

    銘柄名     PER PBR
<7173> 東京きらぼし   3.7  0.27
<7380> 十六FG     5.5  0.25
<8338> 筑波銀      5.6  0.20
<8425> みずほリース   6.2  0.63
<8368> 百五銀      6.6  0.23

<8541> 愛媛銀      6.6  0.29
<3245> ディアライフ   6.7  1.31
<8395> 佐賀銀      6.8  0.25
<8934> サンフロ不    6.9  0.75
<8387> 四国銀      7.4  0.26

<8381> 山陰合銀     7.8  0.39
<7337> ひろぎんHD   7.9  0.42
<6103> オークマ     8.1  0.82
<8714> 池田泉州HD   8.2  0.29
<2418> ツカダGHD   8.3  0.87

<8593> 三菱HCキャ   8.5  0.61
<7322> 三十三FG    8.7  0.20
<6417> SANKYO   8.9  1.09
<8361> 大垣共立     9.0  0.28
<9304> 渋沢倉      9.0  0.57

<1976> 明星工      9.1  0.63
<2792> ハニーズHD   9.8  0.89
<8331> 千葉銀      10.1  0.58
<5018> MORESC   10.3  0.54
<4671> ファルコHD   10.5  0.78

<9788> ナック      10.5  0.97
<8570> イオンFS    11.3  0.73
<8081> カナデン     11.4  0.61


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク