市場ニュース

戻る

【材料】ベッド・バスが反落 在庫不足に頭を悩ませていると伝わる=米国株個別

 家庭用品販売のベッド・バス&ビヨンド<BBBY>が反落。一部報道で、同社はホリデーシーズン入りの中、在庫不足に頭を悩ませていると伝わっている。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が調査会社データウィーブを引用して伝えた。同社は10月には在庫の約43%が品切れとなり、競合他社を大きく上回り、品切れ水準は上半期のほぼ2倍になっているという。

 売れ行きが好調であれば良いのだが、空っぽの棚が物語るのは別の話で、同社は商品を自社ブランドで置き換えることを試みたが、市場に印象づけることができずに、長い間支払いが滞っていたサプライヤーとの紛争が在庫切れを深刻化させているという。

 経営再建中の同社は、店舗閉鎖や人員削減、そして、社債を株式へ交換するデット・エクイティ・スワップなどによってバランスシートの強化を図ってきた。経営陣の交代も行ったが、どの戦略も功を奏していない。

(NY時間09:53)
ベッド・バス<BBBY> 3.28(-0.05 -1.48%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク