市場ニュース

戻る

【市況】<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2022年11月25日

 

   今週の日経平均終値は2万8283円で、前週末比383円高でした。

 今週の日経平均は2週ぶりに反発し、早くも先週の下げ分(363円安)を埋めてまいりました。週間高値もわずかではありますが更新しており、緩やかながらも安定上昇基調を維持している様子がうかがえます。先々週に週間で1000円以上も上昇した際、13週、26週、52週移動平均線をいっぺんに「陽線飛び越え」した流れが生きており、買い方と売り方のバランスはほぼ前者有利に傾いています。10月安値(2万5621円)まででインフレや金利高を嫌気した売りは短期、中期的に出尽くしており需給は年内いっぱいは良好でしょう。ただ、景気回復がまだら模様で円安メリットも目先一服となっている現状で、今よりリスクマネーの流入が増えるかはまだ不明です。「強気相場は懐疑の中で育つ」の状況か、やはりインフレで景気回復が遅れるのか、指数が年初来高値圏に近づくほど見極めの難しさも増してきます。(ストック・データバンク 編集部)


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク