市場ニュース

戻る

【市況】大阪金見通し:下落か、堅調な株式相場映すも下値は堅い展開へ


大阪取引所金標準先物 23年10月限・夜間取引終値:7816円(前日日中取引終値↓8円)

・想定レンジ:上限7860円-下限7780円

25日の大阪取引所金標準先物(期先:23年10月限)は下落しそうだ。このところの株式相場が堅調に推移しており、昨日の欧州市場でも株価が底堅かく推移した。これを受け、投資家のリスク資産選好がさらに進むとの見方から、安全資産とされる金には資金が向かいにくくなっている。一方、前日の米市場が休場で、一段の売り手掛かり材料には乏しく、こうした動きや心理を映し、今日の金先物は売りが優勢だが下値は堅い展開となりそうだ。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク