市場ニュース

戻る

【材料】本日の注目個別銘柄:タムロン、サイバー、チェンジなど

タムロン <日足> 「株探」多機能チャートより

<7740> タムロン 3515 +295
急伸で高値更新。一昨日に12月期末配当予想の引き上げを発表している。従来計画の57円から85円に引き上げ、年間配当金は115円となり、前期比33円の増配となる。11月2日に業績予想を上方修正したことに伴うものとしている。業績上方修正後は出尽くし感から売りが優勢となったが、今回の配当金引き上げを受けて見直しの動きが進む形に。なお、一昨日終値ベースでの配当利回りは3.6%の水準となる。

<5020> ENEOS 469.7 -3.5
反落。本日は石油セクターが業種別で値下がり率トップとなった。前日のNY原油相場では、WTI先物1月限が1バレル=77.94ドルとなり、前日比3.7%の下落となった。主要7カ国がロシア産原油の海上輸出価格の上限を65-70ドルのレンジで検討していると伝わったことが売り材料に。現在ロシア産原油はこの価格帯を下回る水準とで、輸出価格の上限設定でも供給量は減少しないとの見方が価格下落につながった。

<3962> チェンジ 2125 +175
大幅反発。子会社のガバメイツが、複数の自治体が利用できる共同利用型データクレンジングセンターの開発および、自治体支援事業の共同営業に向け、りらいあコミュニケーションズ<4708>と基本合意書を締結したと発表。今回の業務提携により、愛媛県での事業推進プロセスをノウハウ化し、全国の自治体に広げていくことを予定しているもよう。事業規模の拡大につながっていくとの期待感が先行している。

<3937> Ubicom 2202 +173
大幅反発。出資先であるELEMENTSの東証グロース市場新規上場が承認された。新規上場日は12月27日予定で、同社出資先としては初の新規上場承認となる。含み益の拡大が期待されているようだ。また、イスラエルの次世代技術パイオニア企業であるSIXAIと、AIソリューション開発および人材育成における業務提携に向けた覚書を締結したとも発表。今後の展開力の強化につながるとの期待が先行している。

<9843> ニトリHD 16055 +580
大幅反発。一昨日に11月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比2.7%増と2カ月連続での増収となっている。客数が同7.2%減少した一方、客単価が同10.6%上昇した。TVCM効果や各種キャンペーンの実施によって、コタツやキッチン用品、クリスマス商品の売上が好調に推移したもよう。堅調な月次動向に加えて、本日は138円台までの円高・ドル安の動きも支援要因になっている。

<4776> CYBOZU 2287 +190
急伸。一昨日に10月の月次動向を発表している。月次売上高は前年同月比23.0%増となり、営業利益は1.97億円で同69.4%増となっている。1-10月累計営業利益は10.5億円、12月には費用増が見込まれるものの、会社側の12月期通期予想2.5億円を大きく上回る状態に。先週は利食い売りに押されて一時大きく売り込まれており、見直しの動き加速につながっているようだ。

<4523> エーザイ 9480 +270
大幅続伸。問診と血液検査を組み合わせてアルツハイマー病を早期発見するための共同研究を島津<7701>と開始することを発表。血液から原因物質を検出する島津の技術と治療薬を開発する同社が手を組むことで、認知症の早期治療につなげていく計画で、来年1月から研究を始める予定。同社はアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」を共同開発し、今年度中に承認申請を目指しているが、普及に向けては患者の早期発見が課題だ。

<4751> サイバー 1294 +84
大幅反発。サッカーW杯カタール大会の1次リーグが行われているが、前日には日本がドイツと対戦し、大方の予想を覆して日本が勝利を収めている。W杯への関心は今後一段と高まる可能性が生じる形に。同社では「ABEMA」を運営しているが、「ABEMA」はW杯全64試合の放映権を獲得しているため、今後の視聴者数の拡大が想定される状況となっているもよう。

<6920> レーザーテック 26565 +1195
大幅続伸。東京市場休場中の米国市場では、クリーブランド連銀総裁のハト派発言、FOMC議事要旨などを受けて金融引き締めペース減速期待が高まり、長期金利が低下し、それに伴いグロース株は買い優勢の展開が続いた。SOX指数は22日に3%上昇し、23日も1%の上昇と続伸している。東京市場でも同社など半導体関連株に買いが波及する状況となっているようだ。

<4507> 塩野義薬 7190 +19
続伸。厚生労働省では一昨日、同社が開発した新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」を緊急承認している。専門家分科会が有効性を推定できると判断したようだ。緊急承認制度の適用第1号となり、軽症者にも使える初の国産飲み薬となる。12月初めにも供給を開始するようだ。業績インパクトを期待する動き優勢だが、今回の緊急承認の可能性は十分に高まっていたため、買い一巡後は出尽くし感もやや強まる形に。
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク