市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は312円高、手掛かり材料に乏しくやや見送りムード

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は312円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、第一三共<4568>、KDDI<9433>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、卸売業、銀行業、保険業、電気・ガス業が値上がり率上位、石油石炭製品、ゴム製品が値下がりしている。

日経平均は小動きとなっている。ダウ平均先物や香港ハンセン指数、上海総合指数が方向感の定まらない動きで、また、国内に目立った手掛かり材料がなく、やや見送りムードが広がっているようだ。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク