市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は356円高、寄り後は堅調

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は356円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場で主要指数が続伸したことが東京市場の株価を支えた。中でも、昨日までの2日間でナスダック総合指数が2.35%、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が4.10%上昇と、ダウ平均(1.46%上昇)より上昇率が大きく、東京市場でハイテク株や半導体関連株の株価支援要因となった。一方、外為市場で1ドル=139円30銭台と22日15時頃に比べ2円50銭ほど円高・ドル安に振れていることが、東京市場で輸出株などの株価の重しとなった。また、中国で新型コロナ感染が拡大しており、経済の下押し圧力となることが懸念された。さらに、今晩の米市場が感謝祭の祝日で休場となることから、休暇に入る海外の市場関係者も多くなるとの見方から、積極的な買いを見送る向きもあったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均は堅調に推移している。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク