市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:米長期金利低下や原油安を意識してドル買い縮小も

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

23日のドル・円は、東京市場で140円91銭から141円51銭まで反発。欧米市場では141円61銭まで買われた後、139円17銭まで反落し、139円59銭で取引終了。本日24日のドル・円は主に139円台で推移か。米長期金利の低下や原油安を受けてリスク選好的なドル買い・円売りは縮小する可能性がある。

23日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(11月1-2日開催分)によると、参加メンバーの多数が、利上げペース鈍化が間もなく適切になるとの見方に同意していたことが確認された。12月のFOMC会合では0.5ポイントの利上げ幅にとどまる見通し。2023年1月のFOMC会合でも0.5ポイントの利上げが決定される可能性が高いと予想されているが、3月以降についてはインフレ関連指標の内容次第となりそうだ。米国債市場では10年債利回りが2年債利回りを大幅に下回る状態が続いており、イールドカーブの平坦化は2023年における米国の景気後退入りを示唆している。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク