市場ニュース

戻る

【市況】23日のNY市場は上昇

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 34194.06 (+95.96)
NASDAQ  : 11285.32 (+110.91)
CME225  : 28345 (+225(大証比))

[NY市場データ]

23日のNY市場は上昇。ダウ平均は95.96ドル高の34194.06ドル、ナスダックは110.91ポイント高の11285.32で取引を終了した。週次新規失業保険申請件数が予想以上に増え、11月製造業PMI速報値が予想外に活動縮小域に悪化したため長期金利が低下、これに伴う買いに、寄り付き後、上昇。その後、感謝祭祭日を控えた手仕舞い売りにダウは一時下落に転じた。しかし、午後に連邦準備制度理事会(FRB)が公表した11月連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の中で参加者による利上げ減速支持が明らかになり、金利先高観の後退でハイテク主導で再び買われた。主要株式指数はプラス圏で終了。セクター別では、自動車・自動車部品、メディア・娯楽が上昇した一方、エネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の28345円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、TDK<6762>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル139.53円換算)で全般堅調。
《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク