市場ニュース

戻る

【市況】ロシアが住民投票を開始

 ロシアはウクライナ国土の約2割に相当する地域の4州併合に向け、住民投票を開始した。プーチン大統領と米同盟国との対立はエスカレートし、新たな段階に入る。

 この編入投票についてG7首脳は、「偽装の住民投票を強く糾弾する。ロシアはウクライナが主権を持つ領土の地位変更を画策し、その前提をでっち上げようとしている」との声明を発表した。国連のグテレス事務総長も「国連憲章と国際法の違反」だと非難。

 投票は23日に始まり、ロシア占領当局によると5日間続く。結果に波乱はない見通しで、国営メディアは早くも、編入支持が約90%から100%近くに上ると伝えた。投票が行われているウクライナのヘルソン、ザポリージャ、ドネツク、ルハンシク4州のいずれもロシアは完全に支配しておらず、戦闘が継続している。

出所:MINKABU PRESS


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク