市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:日本の円買い介入を警戒してドル買い抑制も

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

22日のドル・円は、東京市場で143円55銭まで下げた後、145円90銭まで反発。欧米市場では145円85銭から140円36銭まで下落し、142円35銭で取引終了。本日23日のドル・円は主に142円台で推移か。日本の円買い介入に対する警戒感は消えていないため、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

日本政府・日本銀行は9月22日、円買い・ドル売りの為替介入を実施した。関係者によると、円買い介入が実施されたのは1998年6月以来。鈴木財務相は会見で、「投機による過度な変動は決して見過ごせない」と述べた。また、神田財務官は為替介入の実施を公表した理由について「隠しきれるものではない規模になっていた」と伝えている。関係者によると市場介入のためにただちに利用できる預金残高は1361億ドルとされている。ただ、市場関係者の間からは「米国が利上げを継続する一方、日本銀行は長期金利の上昇を抑える措置を講じており、ドル売り・円買いの為替介入によってドル高・円安の流れが大きく変わることは期待できない」との声が聞かれている。

《MK》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク