市場ニュース

戻る

【材料】スチールケースが決算受け下落 不透明な需要環境から四半期配当の減配発表=米国株個別

 オフィス家具のスチールケース<SCS>が下落。前日引け後に6-8月期決算(第2四半期)を発表し、1株利益は予想を上回ったものの、売上高は予想を下回った。また、第3四半期のガイダンスも公表しており、1株利益、売上高とも予想を下回る見通しを示している。また、不透明な需要環境から四半期配当を従来の1株0.145ドルから0.10ドルへの減配を発表。

 シルバースターCFOは「最近の受注及びオフィス回帰の動向を踏まえ、流動性を強化し、事業への再投資及び長期的な戦略推進への資本配分を高めるため、配当を調整する」と述べた。

 同社はまた、第3四半期に年率で約2000万ドルの支出削減を目標とし、米国の中核事業およびコーポレート部門全体で最大180名の人員削減を実施する計画も明らかにした。

(6-8月・第2四半期)
・1株利益(調整後):0.17ドル(予想:0.11ドル)
・売上高:8.63億ドル(予想:8.85億ドル)
・粗利益率(調整後):29.0%(予想:28.0%)
・EBITDA(調整後):5010万ドル(予想:4543万ドル)

(9-11月・第3四半期見通し)
・1株利益(調整後):0.17~0.21ドル(予想:0.22ドル)
・売上高:8.25~8.50億ドル(予想:8.62億ドル)

(NY時間09:51)
スチールケース<SCS> 8.63(-0.62 -6.66%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク