市場ニュース

戻る

【材料】グッドパッチが連日の年初来安値、減損損失の計上などで22年8月期業績は計画下振れ

グッドパッチ <日足> 「株探」多機能チャートより
 グッドパッチ<7351>は4日続落し連日で年初来安値を更新。21日の取引終了後、集計中の22年8月期連結業績について、売上高が37億7800万円から37億1200万円(前の期比35.4%増)へ、営業利益が5億1800万円から3億8100万円(同6.2%減)へ、純利益が3億7500万円から1億2600万円(同61.5%減)へ下振れ、増益予想から一転営業減益で着地したようだと発表したことが嫌気されている。

 デザインパートナー事業において、ドイツ子会社が新型コロナウイルス感染症の影響を受けプロジェクト獲得の遅れにより収益性が低下したことが要因としている。また、M&Aに係る費用を販管費として計上するほか、第4四半期に保有する有価証券の減損処理を行い1億1800万円を特別損失として計上することも響いた。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク