市場ニュース

戻る

【経済】NY原油は90ドル割れも想定 サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、NY原油についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、『NY原油は90ドル割れも想定』と述べています。

次に、『OPECプラスは3日、オンラインで閣僚級会合を開き、9月に日量10万バレルの追加増産を行うことで合意した。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で原油価格が高止まりする中、米国などの要求に応じた形だが、小幅の増産で価格を押し下げられるかは不透明』と解説しています。

続けて、『OPECは声明で「余剰生産能力は極めて限られており、慎重に活用する必要がある」と小幅の増産にとどめた理由を説明した。9月の生産目標は20カ国合計で日量4395万5000バレルとなる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、OPECプラスは2020年5月から、世界需要のほぼ1割に相当する日量970万バレルの大幅な協調減産を実施。その後の景気回復に伴い、段階的に生産を増やしてきたが、一部の国は合意した増産を完全に実施できていない』と言及しています。

また、『米欧によるロシア産石油の禁輸により、需給逼迫への懸念が根強い』とし、『6月30日の前回会合では、8月に日量64万8000バレル増産することを確認。これにより、生産目標はコロナ前の水準に回復した。OPECプラスは次回会合を9月5日に開く』と伝えています。

陳さんは、『NY原油(9月限)は、増産を背景に需給緩和懸念が広がる中で急反落した。終値は90.66ドル(-3.76)。2月後半のロシアのウクライナ侵攻以来、初めて91ドルを割り込んだ』と述べ、『チャートパターンは悪化しており、90ドルを下回る可能性が高まっているようだ』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の8月4日付「NY原油は90ドル割れも想定」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク