市場ニュース

戻る

【市況】東証グロース(前引け)=値下がり優勢、HOUSEI、トラースOPが買われる

ケアネット <日足> 「株探」多機能チャートより
 5日前引けの東証グロース市場は値上がり銘柄数201、値下がり銘柄数232と、値下がりが優勢だった。

 個別ではケアネット<2150>、ジーエヌアイグループ<2160>、LAホールディングス<2986>、アドバンスト・メディア<3773>、ステムリム<4599>など8銘柄が年初来高値を更新。HOUSEI<5035>、トラース・オン・プロダクト<6696>、ジャパンワランティサポート<7386>、ビザスク<4490>、エフ・コード<9211>は値上がり率上位に買われた。

 一方、GMOリサーチ<3695>が一時ストップ安と急落した。ユーザベース<3966>、BASE<4477>、GMOメディア<6180>、GMO TECH<6026>、CRI・ミドルウェア<3698>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク