市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:一時1ドル134円50銭台に軟化、仲値通過後から弱含む

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 24日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=134円63銭前後と前日の午後5時時点に比べて70銭強のドル安・円高となっている。

 23日のニューヨーク市場で、米景気後退の懸念からドル売り・円買いが優勢だった流れを引き継いだ。きょうは実質ゴトー日(5のつく日と10のつく日)で国内輸入企業のドル買い・円売りが意識されるかたちで135円20銭台に値を戻す場面もあったが、仲値(午前9時55分頃に決まる金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレート)を通過すると再び軟化。週末で持ち高調整のドル売り・円買いが出やすいこともあり、午後0時30分過ぎには一時134円55銭まで下押した。前日に発表された米経済指標が低調だったことから、今晩に公表される6月のミシガン大学消費者態度指数(確報値)や5月の米新築住宅販売件数を見極めたいとのムードが漂うなか、午後は動意に乏しい展開だった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0543ドル前後と前日の午後5時時点に比べて0.0030ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=141円95銭前後と同30銭弱のユーロ安・円高で推移している。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク