市場ニュース

戻る

【特集】日本電技 Research Memo(8):配当性向30%を目処に業績連動型配当をポリシーとする


■株主還元策

日本電技<1723>は、利益還元について、積極的に対処する方針である。具体的には、業績に多大な影響を及ぼす事象や新規設備投資計画がない限り30%を目処に配当性向を一定に保ち、利益の伸長に見合う配当を通じて、株主に対し利益還元を行う方針である。同社の利益剰余金の配当については、中間配当及び期末配当の年2回を基本方針としており、これらの剰余金配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会である。内部留保資金については、必要に応じて、人材育成及び確保のための人的投資や、事業領域拡大のための資金として活用する方針である。以上の方針により、2022年3月期の1株当たり年間配当金は114円(中間配当金10円、期末配当金104円)とした。また、2023年3月期の1株あたり年間配当金は108円(中間配当金10円、期末配当金98円)を予定している。なお、同社は2022年6月2日に開催した決算説明会において、資本コスト、資本効率を重視し、株主還元策の見直しについて検討することを述べている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク