市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は0.11円高、引き続き米経済指標などに関心

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は0.11円高(14時30分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっており、一方、信越化<4063>、塩野義薬<4507>、日立建<6305>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、食料品、小売業、電気・ガス業、陸運業が値上がり率上位、海運業、鉱業、非鉄金属、卸売業、輸送用機器が値下がり率上位となっている。

日経平均は方向感を欠く動きとなっている。引き続き米国の経済指標や金融イベントなどへの関心が高い。今晩は米国で、1-3月期の米経常収支、6月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表される。また、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院金融サービス委員会で証言する予定。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク