市場ニュース

戻る

【市況】アジア株 香港株は堅調、さらなる景気支援策実施との見方、中国国家主席は5.5%前後の成長率達成を約束

アジア株 香港株は堅調、さらなる景気支援策実施との見方、中国国家主席は5.5%前後の成長率達成を約束

東京時間14:01現在
香港ハンセン指数   21238.34(+230.00 +1.09%)
中国上海総合指数  3285.99(+18.79 +0.58%)
台湾加権指数     15271.26(-76.49 -0.50%)
韓国総合株価指数  2330.04(-12.77 -0.55%)
豪ASX200指数    6528.70(+20.16 +0.31%)
インドSENSEX30種  52385.85(+563.32 +1.09%)

アジア株は高安まちまち。

韓国株は下落、米株先物の下げやウォン安が懸念されている。積極的な米利上げを受けたドル買いに押され、韓国ウォンは対ドルで約13年ぶりに1ドル=1300ウォン台を突破している。ウォン安や半導体企業の業績悪化懸念からサムスン電子などハイテク関連が連日売られている。

香港株は堅調。中国景気支援策への期待感が高まっている。習近平国家主席が、フィンテック業界の発展促進に向けた支援策を承認したことを受け、アリババやネットイース、テンセント、レノボなどハイテク関連が軒並み上昇している。習近平国家主席が22日、今年の成長率目標5.5%前後の達成を約束したことから、目標達成のために今後さらなる景気支援策を講じるとの見方が広まっている。ただ、ゼロコロナ政策や住宅市場の低迷を受け、多くのエコノミストは中国が5.5%前後の目標を達成できないと予想している。

出所:MINKABU PRESS


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク