市場ニュース

戻る

【市況】22日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 30,483.13 (-47.12)
NASDAQ  : 11,053.08 (-16.22)
CME225  : 26195 (+95(大証比))

[NY市場データ]

22日のNY市場は下落。ダウ平均は47.12ドル安の30,483.13ドル、ナスダックは16.22ポイント安の11,053.08で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言を控えた警戒感や景気後退懸念に売りが台頭し、寄り付き後、下落。議長は上院銀行委員会証言での質疑応答でインフレ鈍化を強く公約すると繰り返すと同時に大規模な金融引き締めによる景気後退の可能性を否定しなかったため、利上げが想定程速やかに進まないとの思惑も浮上し、買戻しが強まり、主要株式指数は上昇に転じた。さらに、バイデン大統領がインフレ対処の一環としてガソリン税免除を議会に提案したため一段と買われた。セクター別では、不動産や家庭・パーソナル用品が上昇した一方で、エネルギーが大幅下落。家具メーカーのレイジシカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の26195円。ADRの日本株は任天堂<7974>が冴えない他は、ソニーG<6758>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル136.23円換算)で全般堅調。
《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク