市場ニュース

戻る

【市況】NY外為:ドル買い再燃、パウエルFRB議長、現状ではリセッション確率上昇していない

米ドル/円 <日足> 「株探」多機能チャートより

連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は上院銀行委員会証言での質疑応答において現状で、リセッションの確率は上昇していないと言及した。同時に、議長はFRBの大規模な引き締めで経済が景気後退入りに陥る可能性も否定していない。

景気後退の可能性を巡るパウエル議長発言でドルは売り買いが交錯。米10年債利回りは3.12%まで低下後、3.16%まで上昇。ドル・円は135円80銭前後から136円08銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.0509ドルから1.0606ドルまで上昇後、1.0585ドルで伸び悩んだ。

《KY》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク