市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~センチメント改善も27000円接近では戻り待ちの売り圧力は強まりそう~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

27日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。


■株式見通し:センチメント改善も27000円接近では戻り待ちの売り圧力は強まりそう
■DyDo、1Q営業損失 赤字転換▲6.92億円
■前場の注目材料:三井E&S、米で港湾クレーン生産、経済安保“脱中国”進む


■センチメント改善も27000円接近では戻り待ちの売り圧力は強まりそう

27日の日本株市場は、ギャップスタートで始まった後は、次第にこう着感が強まりそうである。26日の米国市場はNYダウが516ドル高と5営業日続伸だった。前日の流れを引き継ぎ、連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が想定内の内容で、連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げへの懸念が和らいだことに加え、インフレのピークアウトへの期待も相場のサポート材料となった。

また、百貨店のメーシーズやディスカウントストアのダラー・ツリーは予想を上回る決算が材料視されて大幅高となり、消費関連銘柄に買いが広がった。さらに、時間外で急落していたエヌビディアが上昇したことから、ハイテク株への物色も強まっていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比350円高の26960円。円相場は1ドル127円10銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行で始まり、心理的な上値抵抗線である27000円に接近することになりそうだ。日経平均は25日線を突破し、26810円辺りに位置している75日線を捉えてくる可能性が高く、センチメントは改善傾向に向かわせそうだ。ただし、米国では下方修正を発表したギャップが時間外で急落していることから、反動安を警戒した動きに向かいやすく、27000円接近では戻り待ちの売り圧力は強まりそうである。

もっとも、エヌビディアの上昇によって前日に日経平均の重荷だった東エレク<8035>などハイテク株へは見直しの動きが意識されやすく、日経平均の底堅さは意識されやすい。上値の重さから短期的な売り仕掛け的な動きに向かう局面においては、押し目狙いで対応しておきたい。足元の水準ではオプション権利行使価格の26875円と27000円とのレンジを想定しつつ。26875円から26750円水準での押し目を狙う格好だろう。

その他、物色としては指数インパクトの大きい値がさ株の動向が注目されるほか、海運株など強い基調が継続している銘柄については順張りのスタンス。また、6月からインバウンド再開が期待されるなか、インバウンド関連への物色も次第に広がりを見せてくる可能性は高いだろう。また、全体の商いは低水準であることから物色対象の拡がりは期待しづらいところではあるものの、マザーズ指数は650ポイント水準で横ばい推移を見せてきている。低迷する中小型株についても、打診買いの動きが出てきそうである。


■DyDo、1Q営業損失 赤字転換▲6.92億円

DyDo<2590>が発表した第1四半期業績は、売上高が347.95億円、営業損益は6.92億円の赤字だった。コンセンサスの範囲内。新型コロナ対策のまん延防止等重点措置の適用や天候不順などで販売数量が減少したほか、主力商品の原料となるコーヒー豆などの価格高騰の影響が響いたようだ。


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(32637.19、+516.91)
・ナスダック総合指数は上昇(11740.65、+305.91)
・シカゴ日経先物は上昇(26960、大阪比+350)
・SOX指数は上昇(2994.61、+111.68)
・VIX指数は低下(27.50、-0.87)
・米原油先物は上昇(114.09、+3.76)
・米国景気の拡大
・コロナ流行下の経済活動正常化
・日銀は金融緩和を長期化


・三井E&S<7003>米で港湾クレーン生産、経済安保“脱中国”進む
・ソディック<6143>食品機械増産、石川・加賀に11億円
・東芝<6502>取締役候補者に「物言う株主」2人、株主総会で選任
・昭和電工<4004>黒鉛電極事業の分社化検討
・ホンダ<7267>国内4輪生産、来月上旬は計画通り
・ヒーハイスト<6433>埼玉に新工場棟、直動機器の生産能力30%増
・三菱商事<8058>モルゲンロケットに出資、分散型コンピューティングサービス構築
・三井物産<8031>米クルーソーエナジーと協業、フレアガス活用
・デンソー<6902>デンソーなど、電動航空機向けモーター初採用、独VB向け
・日本製鉄<5401>値上げ「4万円必要」、ひも付き価格交渉 4半期化進める
・東レ<3402>ウイルス不活化速度100倍、機能性粒子開発
・テルモ<4543>米工場完工、血漿採取用単回使用製品を生産
・資生堂<4911>福岡久留米工場を来月稼働、スキンケア製品生産
・東洋紡<3101>4カ年新中計、25年度営業益350億円、持続可能な成長目指す


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 5月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+2.0%)

<海外>
・10:30 豪・4月小売売上高(前月比予想:+1.0%、3月:+1.6%)
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク