市場ニュース

戻る

【特集】デリバティブを奏でる男たち【10】 オークツリー・キャピタルのハワード・マークス(後編)


◆「攻め」の投資は「上の上」か「下の下」

 前編で示した通り、ハワード・マークスはシカゴ学派の影響を大きく受け、独特の投資哲学を持っています。主に活躍している分野が、転換社債やハイイールド債、ディストレスト債(経営破綻先や不良債権先などが発行する債券)などであるからなのか、基本的なその投資スタイルは「逆張り」です。
 
 また、取り扱う金融商品の多くが債券ということで、「収益はある程度限定されるが、一度リスクが高まると損失は相当に大きくなる可能性がある」という債券の特性に適応しているためなのか、「攻め」の投資ではなく、「守り」の投資に軸足を置いています。
 
 ここでいう「攻め」の投資とは、例えば予測した将来に基づき、デリバティブなどを利用してレバレッジを効かせて行う集中投資などを指します。こうした投資は確かに派手であり、上手くいくと「上の上」といった華々しい成果をもたらします。しかし、上手くいかないと、大抵は「下の下」といった悲惨な結果を招いてしまいます。
 
 投資の結果が「上の上」、あるいは「下の下」となるのかは、予測した将来が正しかったのか、間違っていたのかに大きく左右されるわけですが、ハワード・マークスは、将来を予測できないことは誰もが知っているのだから、それに賭けることはしない、との考え方のようです。
 
 この将来の予測には、過去の値動きを参考にするテクニカル分析の見通しだけでなく、マクロ経済見通しも含まれます。なぜならば、マクロ経済見通しも、テクニカル分析と同様に、ごく間近な過去を未来に投影して予測することが多いからです。
 
 だからといって、ハワード・マークスは「ランダム・ウォーク理論(市場の値動きは予測不可能で、決まった法則性はないとする考え方)」の信奉者ではなく、信用サイクルを中心に経済にはサイクルが存在するとみています。そのサイクル変動のタイミングや振れ幅は予測できないものの、少なくとも今がサイクルのどこに位置しているかは概ね見当がつく、と考えているようです。

◆「上の上」も「下の下」もない「守り」の投資を目指す

 一方、ここでいう「守り」の投資とは、ロング・ショートやデリバティブなどでリスクをコントロールしながら、マーケットが良い状態のときにはベンチマーク(指標となる各金融商品の指数)並み、もしくはベンチマークよりも少し劣るような投資収益でも構わないとし、マーケットが悪い状態のときには、そこそこの投資収益を叩き出すようなディフェンシブな投資を指します。こうした投資は確かに地味で、「上の上」といった結果はありませんが、「下の下」も避けられます。
 
 ここでポイントとなるのは、先物やオプションといったデリバティブの使い方でしょう。レバレッジを効かせるといった「攻め」の投資のためでなく、相場全体の上下に影響を受けないようにリスクをコントロールするといった「守り」の投資のために使います。そうしたデリバティブの使い方は、第2回で取り上げたタイガー・マネジメントのジュリアン・ロバートソンと共通しているのではないでしょうか。
 
▼タイガー・マネジメントのジュリアン・ロバートソン(前編)―デリバティブを奏でる男たち【2】―
https://fu.minkabu.jp/column/945

 また、相場全体の上下に影響を受けないようにリスク・コントロールするといったスタイルは、前回に取り上げたブリッジウォーターのレイ・ダリオのように、先物やオプションなどを使って空売りすることでベータ(ベータは市場全体の値動きであるベンチマークのリターン)を消し去り、ファンドマネージャーの力量そのものを示すアルファ(ベンチマークを上回るリターン)を抽出しようとする姿勢に似ていると言えるでしょう。
 
▼デリバティブを奏でる男たち【9】 ブリッジウォーターのレイ・ダリオ(後編)
https://fu.minkabu.jp/column/1096

(※続きは「MINKABU先物」で全文を無料でご覧いただけます。こちらをクリック


◆若桑カズヲ (わかくわ・かずを):
証券会社で株式やデリバティブなどのトレーダー、ディーラーを経て調査部門に従事。マーケット分析のキャリアは20年以上に及ぶ。株式を中心に債券、為替、商品など、グローバル・マーケットのテクニカル・需給分析から、それらに影響を及ぼすファンダメンタルズ分析に至るまで、カバーしている分野は広範囲にわたる。MINKABU PRESS編集部の委託により本シリーズを執筆。



株探ニュース

日経平均