市場ニュース

戻る

【材料】TOWは後場プラス圏へ浮上、オリパラ案件の寄与などで上期業績予想を上方修正

TOW <日足> 「株探」多機能チャートより
 テー・オー・ダブリュー<4767>は後場プラス圏へ浮上。同社はきょう午後1時に、集計中の22年6月期第2四半期累計(7~12月)連結業績予想について、売上高を65億7000万円から67億4900万円(前年同期比14.8%減)へ、営業利益を5億9200万円から7億2500万円(同71.4%増)へ、純利益を3億8700万円から4億8900万円(同62.5%増)へ上方修正すると発表した。

 リアルとオンラインのハイブリッド型イベント及び各種オンラインプロモーション案件の増加、東京2020オリンピック・パラリンピック案件などによって、売上高は当初の計画を上回る見通し。また、制作業務の内製化による収益性向上や販管費及び一般管理費の厳格な管理を全社的に推進したことで収益力が向上したとしている。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2022年01月14日 13時18分

日経平均