市場ニュース

戻る

【特集】デリバティブを奏でる男たち【2】 タイガー・マネジメントのジュリアン・ロバートソン(前編)


◆ヘッジファンド業界ビッグ3の一角

 第2回は前回に取り上げたビル・フアンの師匠であるジュリアン・ロバートソン(本名ジュリアン・ハート・ロバートソン・ジュニア)を取り上げます。ヘッジファンド「タイガー・マネジメント」を率いた彼は、クォンタム・ファンドのジョージ・ソロス、スタインハルト・パートナーズLPのマイケル・スタインハルトと並び、1990年代におけるヘッジファンド業界の「ビッグ3」と称されるほどの伝説的な人物です。
 
 そのパフォーマンスはすさまじく、ファンド設立の1980年からファンド閉鎖の2000年までの20年間で年平均約25%の利益を叩き出したとされています。また、運用資金も当初の880万ドルからスタートして、ピーク時の1998年には約220億ドルとおよそ2500倍にまで膨らませています。
 
 1932年にノースカロライナ州のソールズベリーで生まれた彼は、ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業。1957年まで海軍で将校の仕事に就き、その後は証券会社のキダー・ピーボディ(現在のUBSの関連会社)に20年以上勤務し、同社では最終的には資産管理部門を率いるまでになります。
 
 しかし、サラリーマン生活に疲れた彼は、家族と一緒にニュージーランドで長い休暇を過ごします。そこで小説を書きながら自分が本当にしたい仕事は何かを考え抜いた結果、1980年に友人や家族などから資金をかき集め、同じ大学で学び、同じ会社で働いたウィリアム・ソープ・マッケンジーとともにヘッジファンド、タイガー・マネジメントを立ち上げたのです。ロバートソン48歳の時でした。

◆ロング・ショート戦略、優れた200社を買い、魅力のない200社を売る

 ロバートソンの投資スタイルは、典型的な株式ロング・ショート戦略です。それを最もよく表す彼の言葉に「世界で最も優れた200社を見つけて投資し、世界で最も魅力のない200社を見つけて売りに出す」があります。良い銘柄を買い、悪い銘柄を空売りすることで、相場全体の上下動に影響を受けないようにヘッジしながら、パフォーマンスを狙いました。彼の投資哲学は次の5点に集約されます。

【タイトル】
出所:「ヘッジファンドの魔術師』(パンローリング)

 ロバートソンは相場のトレンドに関するコメントを"戯言(たわごと)"と一蹴し、銘柄選択による運用成果を目指しました。このスタイルは、キダー・ピーボディ時代に知り合ったヘッジファンドの創始者、アルフレッド・ウィンスロー・ジョーンズに非常によく似ていると言われています。
 
 ジョーンズと異なる点は、先物やオプションも利用することですが、それらはレバレッジを効かせるためではなく、相場全体の上下動に影響を受けないようにヘッジするために使いました。
 
 デリバティブなどの投機的手法は保守的な目的のためにこそ使うのだと、ロバートソンは強調しています。こうしたデリバティブに対する彼の考え方は、当時よりも遥かに手法が進化している現代において、むしろ新鮮に聞こえるかもしれません。

 また、ロバートソンのように独自の相場観や投資視点に基づいて銘柄を選別する投資家を「ストックピッカー」と言いますが、当時は概念としてはその真逆にある「効率的市場仮説」が持てはやされていました。この仮説は、マーケットにおける価格はあらゆる情報を織り込んでいるため、金融商品は公正な価格で取引されることになり、投資家は安く買うことも、高く売ることもできないとする考え方です。しかし、ロバートソンはストックピッカーとして、この効率的市場仮説に立ち向かい、着実に成果を挙げていくのです。


(※続きは「MINKABU先物」で全文を無料でご覧いただけます。こちらをクリック


◆若桑カズヲ (わかくわ・かずを):
証券会社で株式やデリバティブなどのトレーダー、ディーラーを経て調査部門に従事。マーケット分析のキャリアは20年以上に及ぶ。株式を中心に債券、為替、商品など、グローバル・マーケットのテクニカル・需給分析から、それらに影響を及ぼすファンダメンタルズ分析に至るまで、カバーしている分野は広範囲にわたる。MINKABU PRESS編集部の委託により本シリーズを執筆。



株探ニュース

日経平均