市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:一時1ドル114円60銭台に軟化、日経平均の下落が重荷

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 26日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=114円95銭前後と前日の午後5時時点に比べ40銭強のドル安・円高となっている。

 前日の米市場が感謝祭の祝日で休場だったことから手掛かり材料に乏しく、足もとでドル高・円安基調が続いていた反動が出やすくなっている様子。また、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたとの報道などから時間外取引のNYダウ先物が下落していることを受け、日経平均株価が反落していることも重荷となっているようで、午前9時20分頃には114円68銭まで下押す場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1217ドル前後と前日の午後5時時点に比べてほぼ横ばい。対円では1ユーロ=128円94銭前後と同40銭強のユーロ安・円高で推移している。


出所:MINKABU PRESS

日経平均