市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part2 東京ソワール、サイエンスアーツ、ラストワンマイルなど

シンプレクス <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>24日終値⇒前日比
シンプレクスHD<4373> 2600 -251
信用買い方の処分売り優勢の展開に。

ペプチドリーム<4587> 2794 -147
アナリスト格上げなどで一昨日に上昇の反動。

FIG<4392> 335 -27
連日の株価急伸で過熱感も強まる。

ZOZO<3092> 3730 -180
25日線までの上昇でリバウンド一巡感も。

アドウェイズ<2489> 813 -55
信用買い方の処分売りが優勢か。

KLab<3656> 630 -53
ダウンロードの上昇手掛かりに22日上昇。

テスホールディングス<5074> 2627 -161
高いバリュエーションが24日は重しに。

ネクソン<3659> 2404 -93
自社株買い発表で上昇後は出尽くし感優勢に。

日本電子<6951> 9010 -580
半導体製造装置株安で連れ安する展開。

ZHD<4689> 797 -38
グロース株安の中で利食い売りが優勢。

ダブル・スコープ<6619> 910 -40
上値達成感も広がり処分売り優勢の流れが続く。

三菱UFJ<8306> 634.0 +4.7
米長期金利上昇で銀行株には買い。

レーザーテック<6920> 30560 -1040
米SOX指数の下落に連れ安の形。

ソニーG<6758> 14065 -215
半導体不足でデジカメ受注停止に踏み切ると伝わり。

東京ソワール<8040> 1362 +300
値幅取りの動き続き連日の急騰へ。

竹田印刷<7875> 731 +100
半導体関連の一角としてクローズアップの流れに。

ピーエイ<4766> 201 +13
人材関連の小型株の一角が人気化。

いい生活<3796> 489 +39
10月の月次動向が買い材料視される。

アドテックプラズマテクノロジー<6668> 2305 -319
半導体製造装置関連株安で利食い売り向かう。

天昇電<6776> 401 -47
22日に急騰の反動で短期資金の利食い売り優勢。

テラプローブ<6627> 2070 -218
半導体関連株安で利食い売り優勢。

サンウッド<8903> 629+100
タカラレーベンと業務資本提携契約解消、新たに京王電鉄と資本業務提携。

JMDC<4483> 9420 +440
29日付で東証1部に市場変更へ。

JTOWER<4485> 10510 -140
NTTドコモと資本業務提携を行うと発表するも小幅安。

メディシノバ・インク<4875> 520 +150
基準値段の変更の影響。

ニチリョク<7578> 151 +0
GFAと業務提携契約を締結。

プラザクリエイト本社<7502> 426 + 20
30万株(1億5000万円)を上限に自社株買いを実施へ。

フェローテックホールディングス<6890> 3925 -505
新株式発行及び株式売出しについて発表し希薄化懸念が先行。

夢展望<3185> 427 -21
東証が24日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施へ。

サイエンスアーツ<4412> - -
24日マザーズ市場へ新規上場、公開価格1710円。前場段階で初値形成に至らず。

ラストワンマイル<9252> 2880 -
24日マザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格を47.4%上回る2520円。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均