市場ニュース

戻る

【材料】大日本住友が一時16%安、営業利益が高い進捗率も通期据え置きで失望売り

大日本住友 <日足> 「株探」多機能チャートより
 大日本住友製薬<4506>が大幅続落となっており、一時は前日比16.2%安の1633円まで下落している。同社は27日取引終了後に、22年3月期第2四半期(4~9月)連結営業利益が475億7200万円(前年同期比0.1%増)だったと発表したが、通期計画610億円(前期比14.4%減)に対する進捗率が77.99%であるにもかかわらず、上方修正がなかったことから失望売りが出ているもよう。

 精神神経領域における大塚製薬(東京都千代田区)との共同開発・販売提携に伴う一時金を収益計上した北米セグメントに加え、中国セグメントで増収となったが、日本、海外その他セグメントでは減収だったとしている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均