市場ニュース

戻る

【経済】メキシコペソ円は、底堅く推移しそう サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、メキシコペソ円についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、メキシコペソ円について、『今週のメキシコペソ円は、底堅く推移しそうだ』と述べています。

続けて、『9月米雇用統計の結果を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング(購入資産の段階的縮小)を決定すると予想されているため、ドル買いが強まり、メキシコペソには売りが強まった』と伝え、『ただ、メキシコ中央銀行は9月30日の理事会で、主要政策金利を4.50%から0.25%引き上げて4.75%としたが、インフレリスクを避けるため、再利上げを示唆した。そのため、ペソの下値はサポートされているようだ。また、原油価格の上昇も産油国であるメキシコペソには支援要因』と言及しています。

次に、『メキシコの9月消費者物価指数(CPI)は、 結果6.00%で予想5.99%、前回5.59%をいずれも上回り、インフレが加速していることが確認された。メキシコ中銀のインフレ目標の中央値は3.0%だが、これの2倍の水準にある』と述べています。

また、『3.0%を上回ったのは7カ月連続。食料品と天然ガスの高騰が背景にある。今後、冬季を迎えるが、石油・ガス在庫の減少と冬の燃料需要の増加により、年末に向けてインフレ率は加速する可能性がある。メキシコ中銀は2021年10~12月期の物価上昇率見通しを6.2%とし、8月末時点の5.7%から大幅に引き上げた。中銀の目標範囲内に入る時期は22年7~9月期としている。利上げ見通しは一段と強まりそうだ。メキシコ中銀の次回会合は、11月11日』と解説しています。

こうしたことから、陳さんはメキシコペソ円の今週のレンジについて、『5.35円~5.55円』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の10月12日付「メキシコペソ円今週の予想(10月11日)」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均