市場ニュース

戻る

【市況】アジア株 上海株は0.3%安、鉄鉱石下落受けエネルギー関連が大幅安 香港市場は台風の影響で終日取引中止

アジア株 上海株は0.3%安、鉄鉱石下落受けエネルギー関連が大幅安 香港市場は台風の影響で終日取引中止

東京時間14:01現在
香港ハンセン指数   24962.59(台風のため終日取引中止)
中国上海総合指数  3534.43(-12.51 -0.35%)
台湾加権指数     16350.81(-112.03 -0.68%)
韓国総合株価指数  2945.69(+29.31 +1.01%)
豪ASX200指数    7277.70(-3.03 -0.04%)
インドSENSEX30種  60619.92(+335.61 +0.56%)

アジア株は高安まちまち。米株安を懸念した売りが続いている一方で、値ごろ感による買い戻しも見られる。

上海株は0.35%安。エネルギー関連が大幅安、鉄鉱石先物が大幅下落していることが嫌気されている。中国中煤能源は9.7%安、中国石油天然気は5.5%安、中国石油化工は4.8%安。きょう発表された中国9月の貿易統計への影響は今のところ限定的。ドル建てベースで輸出は前年比+28.1%と予想の+21.5%を上回った一方、輸入は+17.6%と予想の+20.9%を下回る結果となった。
台湾株は0.68%安。聯発科技や聯華電子など半導体関連が総じて下落。米アップルが世界的な半導体不足を受け、iPhone13の生産目標を引き下げると発表したことが懸念されているもよう。
豪州株は下げ幅を縮小。乳製品会社のa2ミルクが13%超上昇している。中国での収益が第1四半期に前年比で156%増加したことが材料視されている。
韓国株は反発。前日に約9カ月ぶり安値をつけたことから、値ごろ感による買い戻しが優勢。金融や消費財、医療品関連が上昇している。
香港市場は台風「シグナル8」を受け、終日取引中止となった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均