市場ニュース

戻る

【材料】◎13日前場の主要ヘッドライン

・新日本電工が7連騰で異彩放つ、業績回復色強く水素関連株としても人気化素地
・メディカルNが大幅反発、医療機関経営支援事業好調で第1四半期営業利益2.1倍
・アサカ理研が大幅高で3連騰、今9月期営業益4.8倍予想も更に上振れ観測
・東宝は大幅反発、上期の映画営業事業で大ヒット相次ぎ22年2月期業績予想を上方修正
・コメ兵HDが新値街道まい進、中古ブランド品ブームで3年9カ月ぶり高値圏に浮上
・SHIFTが12%超の急騰、22年8月期営業利益43%増益見通しを好感
・フィルCが急反発、第3四半期営業利益は大幅黒字転換で通期計画上回る
・Jフロントはカイ気配スタート、3~8月期最終19億円の赤字も収益環境改善で買い戻し
・東エレク、アドテストなど半導体関連が軟調、米景気減速と米長期金利の先高警戒

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

日経平均