市場ニュース

戻る

【市況】28日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は569ドル安と5日ぶりに大幅反落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日の米株式市場では、NYダウが前日比569.38ドル安の3万4299.99ドルと5日ぶりに大幅反落した。

 米長期金利が一時1.56%まで上昇したことが嫌気され、主力ハイテク株を中心に売りが膨らんだ。NYダウの下落幅は一時600ドルを超し、ナスダック指数は前日比2.8%の急落となった。米国の債務上限問題で、米連邦政府の閉鎖やデフォルト懸念が膨らんだことも売り要因となった。アップル<AAPL>やアマゾン<AMZN>、マイクロソフト<MSFT>が安い。アプライド・マテリアルズ<AMAT>が急落し、マイクロン・テクノロジー<MU>、インテル<INTC>が値を下げた。JPモルガン<JPM>やバンカメ<BAC>も軟調だった。半面、エクソン・モービル<XOM>やシェブロン<CVX>が高く、アクティビジョン・ブリザード<ATVI>やエレクトロニック・アーツ<EA>などゲームソフト関連株が堅調だった。

 ナスダック総合株価指数は、423.287ポイント安の1万4546.683と大幅に3日続落した。出来高概算は、ニューヨーク市場が9億8563万株だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均