市場ニュース

戻る

【市況】ダウ平均は反発 不透明感根強いもののエネルギー株中心に値ごろ感の買い戻し=米国株前半

NY株式15日(NY時間13:25)
ダウ平均   34821.49(+243.92 +0.71%)
ナスダック   15104.59(+66.83 +0.44%)
CME日経平均先物 30395(大証終比:+45 +0.15%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は反発。序盤は軟調な動きもみられたものの、値ごろ感からの買い戻しも入り、ダウ平均はプラスに転じている。特にエネルギー株の上昇がサポート。商品市場で原油相場が一時73ドル台を回復するなど買いの勢いが強まっており、エネルギー株も連れ高となってる。そのほか産業株や銀行株も上昇。

 デルタ株の感染拡大による経済への影響は懸念されるほか、インフレも警戒される中で、不透明感も根強いものの、きょうは買い戻しが優勢となっている模様。

 また、カジノ株の下げが続いている。中国当局がマカオでのカジノオペレーターへの監視強化の姿勢を打ち出しており、カジノ企業の業績への不透明感が高まっているようだ。

 また、NY市場に上場している中国株も軟調な動きが続いている。この日発表になっていた中国の小売売上高が予想を大きく下回り減速傾向を示したことから、中国経済への懸念が高まっている模様。中国不動産大手の恒大集団の過剰債務問題が深刻となっており、破綻リスクが高まっていることも中国への不透明感を強めている。市場も改めてリスクとして注目しているようだ。

アルファベット(C)<GOOG> 2891.00(+22.88 +0.80%)
フェイスブック<FB> 371.19(-5.34 -1.42%)
ネットフリックス<NFLX> 581.81(+4.05 +0.70%)
テスラ<TSLA> 750.19(+5.70 +0.77%)
アマゾン<AMZN> 3442.65(-7.35 -0.21%)
エヌビディア<NVDA> 221.27(-1.15 -0.52%)
AMD<AMD> 104.75(-0.99 -0.93%)
ツイッター<TWTR> 61.11(+0.92 +1.52%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス<UNH> 420.23(+7.69 +1.86%)
メルク<MRK> 72.95(+0.84 +1.16%)
マクドナルド<MCD> 240.92(-0.22 -0.09%) 
マイクロソフト<MSFT>  304.55(+4.76 +1.59%)
ホームデポ<HD> 334.32(+1.20 +0.36%)
ボーイング<BA> 212.94(+1.37 +0.65%) 
ベライゾン<VZ> 54.64(+0.23 +0.41%)
ビザ<V> 223.06(+0.03 +0.01%) 
ハネウェル<HON>  222.49(+2.30 +1.04%) 
ナイキ<NKE> 157.29(-1.47 -0.93%)
トラベラーズ<TRV>  157.47(+1.12 +0.72%)
ディズニー<DIS> 183.86(+1.46 +0.80%) 
ダウ・インク<DOW> 60.55(+0.90 +1.51%)
セールスフォース<CRM>  254.52(+0.15 +0.06%)
シスコシステムズ<CSCO> 58.47(+0.60 +1.03%)
シェブロン<CVX> 97.65(+1.45 +1.51%) 
コカ・コーラ<KO> 55.99(+0.30 +0.54%) 
ゴールドマン<GS>  400.96(-2.73 -0.68%)
キャタピラー<CAT>  206.11(+3.78 +1.87%) 
ウォルマート<WMT> 144.58(+0.28 +0.19%)
ウォルグリーン<WBA> 49.62(+1.40 +2.90%) 
インテル<INTC> 54.95(+0.43 +0.78%)
アメックス<AXP> 161.28(+1.80 +1.13%) 
アムジェン<AMGN> 219.56(+3.52 +1.63%)
アップル<AAPL>  148.05(-0.07 -0.05%)
P&G<PG> 145.55(+0.12 +0.08%)
JPモルガン<JPM> 158.18(+1.11 +0.71%)
J&J<JNJ> 165.78(+0.98 +0.59%)
IBM<IBM> 137.59(+1.37 +1.00%)
3M<MMM> 184.78(+2.36 +1.29%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均