市場ニュース

戻る

【材料】カイバル・ブランズが急落 PMTAの影響で売上高見通しを大幅に下方修正=米国株個別

 カイバル・ブランズ・イノベーションズ<KAVL>が40%超急落。同社は特別買収目的会社(SPAC)の形態で、商品のブランディングやM&Aなどを手掛ける。同社が手掛ける電子タバコのBidi・Vapor社の第3四半期の売上高見通しが大幅に下方修正を嫌気している。前年同四半期の3240万ドルから、今回は340万ドルに下方修正された。

 FDAの発売前たばこ申請(PMTA)プロセスが電子タバコ業界に重大な影響を及ぼしており、多くの小売業者や流通業者が在庫積み上げを躊躇していることが影響したとしている。パンデミックで発売を延期していた「Bidi Pouch」についても、PMTAプロセスの対象となることから、発売が更に延期となり、短期的に売上高に悪影響を及ぼすと説明している。

(NY時間10:01)
カイバル・ブランズ<KAVL> 2.62(-1.89 -41.91%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均