市場ニュース

戻る

【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、明豊エンタ、総合商研が売られる

日経JASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより
 15日大引けの日経ジャスダック平均は前日比6.42円安の4107.52円と反落。値上がり銘柄数は202、値下がり銘柄数は398となった。

 個別では燦キャピタルマネージメント<2134>、メディカル一光グループ<3353>、カルナバイオサイエンス<4572>、メディアリンクス<6659>が年初来安値を更新。明豊エンタープライズ<8927>、総合商研<7850>、セルシード<7776>、CAICA<2315>、三ッ星<5820>は値下がり率上位に売られた。

 一方、地域新聞社<2164>が一時ストップ高と値を飛ばした。ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>、大森屋<2917>、ユークス<4334>、東映アニメーション<4816>、イハラサイエンス<5999>など11銘柄は年初来高値を更新。プロルート丸光<8256>、トミタ電機<6898>、MITホールディングス<4016>、NKKスイッチズ<6943>、芝浦電子<6957>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均