市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は110円06銭近辺で推移、日経平均は上昇一服

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

14日午前の東京市場でドル・円は、110円06銭近辺で推移。日経平均は一時30795円まで上昇し、年初来高値を更新した。ただ、その後上げ幅は縮小し、30562円で午前の取引を終えた。政局不安は緩和されていること、コロナ感染の減少傾向が株高につながったもようだ。新たな売買材料が提供されない場合、ドル・円は110円をやや上回る水準でもみ合う状態が続くとの見方は依然として多い。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円96銭から110円09銭、ユーロ・ドルは、1.1806ドルから1.1813ドル、ユーロ・円は、129円85銭から130円03銭で推移。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均