市場ニュース

戻る

【材料】ツイッターが決算受け、時間外で7%上昇=米国株個別

 通常取引終了後にツイッター<TWTR>が4-6月期決算(第2四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。広告収入が前年比で74%増加し好調だった。また、第3四半期のガイダンスも公表しており、売上高が12.2億ー13.0億ドルと予想を上回った。アップル<AAPL>>のIOS更新に伴うプライバシー基準強化の影響は予想ほどではなかったことがうかがえる。

 今回の決算発表を受けてツイッター株は時間外で7%の上昇。

(4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):0.20ドル(予想:0.07ドル)
・売上高:11.9億ドル(予想:10.6億ドル)
  広告:10.5億ドル(予想:9.27億ドル)
  データライセンス:1.37億ドル(予想:1.35億ドル)
・収益可能DAU:2.06億人(予想:2.06億人)
・EBITDA(調整後):3.43億ドル(予想:2.07億ドル)

(7-9月・第3四半期見通し)
・売上高:12.2~13.0億ドル(予想:11.7億ドル)

(NY時間16:28)時間外
ツイッター<TWTR> 74.61(+5.04 +7.24%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均