市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は293円安、寄り後は下げ幅拡大

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は293円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)がまちまちの動きで方向感が定まりにくい中、東京などで新型コロナ感染が増加傾向となっていることに加え、このところ日経平均が29000円近辺に上昇すると売りに押される展開が続いていることなどが心理的な重しとなった。一方、昨日の米国市場で米長期金利が低下し、ナスダック総合指数が最高値更新となったことなどが、東京市場でもハイテク株などの下支え要因となった。また、新型コロナワクチンの接種加速による経済活動の本格化への期待感も継続し、株価支援要因となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均は下げ幅を拡大している。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均