市場ニュース

戻る

【市況】株価指数先物 【週間展望】 ―2万9000円固めから2万9000円~2万9500円へのレンジ移行を見極め

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより

「2万9000円固めから2万9000円~2万9500円へのレンジ移行を見極め」

 今週の日経225先物は2万9000円辺りでの底固めを見極めつつ、2万9000円~2万9500円へのレンジに移行できるかを見極める週になりそうだ。先週の日経225先物は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の下院証言を控え、利上げを巡るFRB高官の発言を受けて波乱のスタートとなったが、パウエル議長のハト派発言などもあって急速な切り返しを見せた。2万8900円辺りから一時2万7720円まで急落した翌日には、一時2万8850円まで回復。その後も小動きながらリバウンドを続け、週末には2万9000円を回復したことで、2万7720円で目先底を打った格好であろう。

 足元では2万9000円近辺に位置する75日移動平均線をクリアする場面もあったが、支持線に変えることができておらず、まずは明確に上放れてくることを見極める必要がある。直近の乱高下を除けば、6月は2万8500円~2万9000円でのレンジ推移が続いており、先週後半の上昇でこのレンジの突破が意識されている。節目の2万9000円処では強弱感が対立しやすく、薄商いが継続する状況下ではエネルギー不足は否めない。ただし米国では、インフラ投資計画について、バイデン政権と野党・共和党の議員を含む超党派のグループとの間で合意したことが好感されている。また、FRBが大手金融機関を対象に実施したストレステストでは、23行の全てが基準を満たしたことから、今後、自社株買いや配当政策への期待が高まるとみられる。こうした、米国の良好な需給状況が支援材料となろう。

 そのほか、今週、米国では、雇用統計など重要な経済指標の発表が予定されている。発表を控えて慎重姿勢が強まる可能性はあるが、予想を上回る結果となっても、利上げは2023年まで行われないとの見方を覆すことはないだろう。一方で、予想を下回った場合は、結果的にテーパリング(量的緩和の縮小)議論を後退させる可能性もあると考えられ、調整局面においては早期のリバウンドを想定した押し目狙いのスタンスで対応したい。

 NT倍率については、先物中心限月で週前半に14.66倍まで低下した後は上昇に転じており、14.82倍で終えた。ボトム圏ではNT倍率の修正の動きが見られ、上値は下向きで推移する25日線に抑えられる形状である。ボトム圏での煮詰まり感から明確な方向性は読みづらいが、ボトム圏ではNTロング(日経225先物買い、TOPIX先物売り)のポジションを組成するタイミングとなろう。25日の米国市場では景気敏感株を中心に買われているため、週明けこそNT倍率は低下する可能性がある。しかし、国内では出来高薄の状況であり、TOPIX型に買いが向かう状況においても指数へのインパクトは限られる。新型コロナウイルスのワクチン接種が加速する一方で、感染再拡大の兆候も見られ、景気敏感株への積極的な資金シフトは見込みづらいだろう。

 なお、VIX指数は15.62に低下し、ボトム圏での推移が継続。リスク選好の状況は続いており、インデックスに絡んだショートポジションに傾けづらい。さらに、日経平均株価のボラティリティ・インデックス(Ⅵ)も、週初に25.89まで急伸した後は低下を続け、週末に17.86とボトム圏での推移となっている。こうした状況からも押し目狙いのスタンスに向かわせやすく、相場全体の底堅さにつながろう。

 6月第3週(6月14日- 18日)の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物と先物の合算で3週ぶりに買い越しており、買い越し額は1435億円(前週は147億円の売り越し)だった。この週の日経平均株価は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待を見極めたいとのムードがあったものの、米ハイテク株物色の動きが波及。日経平均株価は15日に一時2万9480円まで上昇し、75日線を突破する場面も見られたほか、トヨタ自動車 <7203>が上場後初めて1万円台に乗せるなど、TOPIX型の買いも目立っていた。なお、現物株は海外投資家が1394億円の買い越し(同2263億円の売り越し)と2週ぶりに買い越しており、先物も41億円の買い越し(同2116億円の買い越し)と2週連続で買い越している。

 経済スケジュールでは、29日に5月失業率、米国4月ケース・シラー米住宅価格指数、米国6月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)。30日に5月鉱工業生産速報値、5月新設住宅着工戸数、中国6月製造業購買担当者景気指数(PMI)、米国6月ADP雇用統計、米国6月シカゴ購買部協会景気指数。7月1日に日銀短観、米6月ISM製造業景況指数。2日に米国5月貿易収支、米国6月雇用統計などが予定されている。

――プレイバック・マーケット――

●SQ値
1月限 日経225 27774.95  TOPIX  1832.70
2月限 日経225 29718.77  TOPIX  1940.02
3月限 日経225 29282.41  TOPIX  1930.42
4月限 日経225 29909.73  TOPIX  1961.13
5月限 日経225 27748.22  TOPIX  1871.53
6月限 日経225 29046.40  TOPIX  1958.82

◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/9 6月25日  28800  29120  28790  29040  +240
21/9 6月24日  28810  28900  28670  28800  -10
21/9 6月23日  28680  28970  28590  28810  +60
21/9 6月22日  28090  28850  28080  28750  +730
21/9 6月21日  28920  28920  27720  28020  -910

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/9 6月25日  1943.5  1964.0  1943.5  1958.5  +15.5
21/9 6月24日  1944.0  1948.0  1935.0  1943.0  -1.0
21/9 6月23日  1949.5  1959.5  1943.5  1944.0  -9.0
21/9 6月22日  1905.5  1957.0  1903.0  1953.0  +53.0
21/9 6月21日  1941.0  1941.0  1883.5  1900.0  -41.0

●シカゴ日経平均 円建て
          清算値  前日比
6月25日(9月限)  29010  -30
6月24日(9月限)  29005  +205
6月23日(9月限)  28720  -90
6月22日(9月限)  28795  +45
6月21日(9月限)  28690  +670
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
      売り     前週末比   買い   前週末比
6月18日    2185億円 -2082億円  7808億円 +557億円
6月11日    4267億円 -3768億円  7250億円 +2417億円
6月04日    8035億円  -71億円  4832億円 -663億円
5月28日    8107億円  -881億円  5496億円 +521億円
5月21日    8989億円  -579億円  4975億円 -1098億円
5月14日    9569億円  -78億円  6074億円 -1196億円
5月07日    9647億円  +232億円  7270億円 +238億円
4月30日    9415億円 +1190億円  7031億円 -1669億円
4月23日    8224億円  -358億円  8701億円 -2080億円
4月16日    8583億円  -978億円 1兆0781億円  -83億円
4月09日    9561億円  -929億円 1兆0864億円 -1987億円
4月02日  1兆0490億円  -641億円 1兆2852億円 -1530億円
3月26日  1兆1132億円  -217億円 1兆4382億円 +2708億円
3月19日  1兆1350億円  +972億円 1兆1674億円 +4652億円
3月12日  1兆0377億円 -1644億円  7022億円 -7088億円
3月5日   1兆2021億円  -432億円 1兆4111億円 +5697億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
6月23日    4437万株    -27万株  2億6707万株   -59万株
6月22日    4464万株   -775万株  2億6766万株   +3437万株
6月21日    5240万株   -308万株  2億3328万株   -1113万株
6月18日    5549万株   -2474万株  2億4442万株   -393万株
6月17日    8023万株   -551万株  2億4836万株   -607万株
6月16日    8574万株   -733万株  2億5444万株   +719万株
6月15日    9308万株   -2295万株  2億4724万株   +1197万株
6月14日  1億1603万株   -2498万株  2億3525万株   -116万株
6月11日  1億4102万株   -3315万株  2億3641万株   +5799万株
6月10日  1億7417万株   -6192万株  1億7841万株   +999万株
6月09日  2億3609万株   -1592万株  1億6842万株   -1461万株
6月08日  2億5202万株   -4344万株  1億8303万株   -1548万株
6月07日  2億9546万株   -1395万株  1億9852万株   +799万株
6月04日  3億0942万株   -746万株  1億9052万株   +165万株
6月03日  3億1688万株   +644万株  1億8886万株   -468万株
6月02日  3億1044万株   +127万株  1億9200万株   +563万株
6月01日  3億0916万株   -513万株  1億8791万株   -1512万株
5月31日  3億1430万株   +643万株  2億0304万株   - 898万株
5月28日  3億0787万株   -1374万株  2億1202万株   +2199万株
5月27日  3億2161万株    +1万株  1億9002万株   -315万株
5月26日  3億2160万株   -2133万株  1億9317万株   -105万株
5月25日  3億4294万株   -309万株  1億9423万株   -356万株
5月24日  3億4604万株   -151万株  1億9779万株   -347万株
5月21日  3億4755万株   +364万株  2億0126万株   -366万株
5月20日  3億4391万株    +12万株  2億0493万株   -446万株
5月19日  3億4378万株   +177万株  2億0939万株   -758万株
5月18日  3億4200万株   -2945万株  2億1698万株   -953万株
5月17日  3億7145万株   -106万株  2億2651万株   -1795万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
9月4日  801億円
9月9日  801億円
9月15日  801億円
9月17日  801億円
9月23日  801億円
9月24日  801億円
9月29日  801億円
10月14日 701億円
10月16日 701億円
10月22日 701億円
10月28日 701億円
10月29日 701億円
10月30日 701億円
11月13日 701億円
11月18日 701億円
12月21日 701億円
12月22日 701億円
12月30日 701億円
1月4日  501億円
1月15日  501億円
1月20日  501億円
1月28日  501億円
2月26日  501億円
3月4日  501億円
3月5日  501億円
3月22日  501億円
3月24日  701億円
3月30日  501億円
4月21日  701億円
6月21日  701億円

株探ニュース

日経平均