市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル110円90銭台で推移、ゴトー日に伴うドル買い・円売りを意識

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 25日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=110円93銭前後と前日の午後5時時点に比べ6銭程度のドル高・円安となっている。

 24日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=110円87銭前後と前日に比べ10銭弱のドル安・円高で取引を終えた。足もとでドル高・円安が進んでいた反動からポジション調整のドル売りがやや優勢だった。

 ただ、バイデン米大統領が1兆ドル(約110兆円)規模のインフラ投資法案で超党派の上院議員と合意し、これが米景気回復を後押しするとの見方もあってドルの下値は限定的。この日の東京市場ではゴトー日(5のつく日と10のつく日)に伴う国内輸入企業のドル買い・円売りが意識されやすいこともあり、午前9時50分頃には110円98銭をつける場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1931ドル前後と前日の午後5時時点に比べて横ばい。対円では1ユーロ=132円35銭前後と同7銭程度のユーロ高・円安で推移している。



出所:MINKABU PRESS

日経平均