市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:イビデンや大日本住友製薬などに注目


23日の米国市場では、NYダウが71.34ドル安の33874.24、ナスダック総合指数が18.46pt高の14271.73、シカゴ日経225先物が大阪日中比90円安の28720。24日早朝の為替は1ドル=110.90-00円(昨日午後3時は110.78円)。本日の東京市場では、円安を好感してトヨタ<7203>、任天堂<7974>など大型輸出株に押し目買いが予想され、米原油先物の高値追いから丸紅<8002>、三井物<8031>、住友商事<8053>など商社株も強含みが期待できよう。昨日大引け後に好決算を発表した住友林業<1911>、メルカリ<4385>が買いを集めよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたイビデン<4062>、大日本住友製薬<4506>、日本新薬<4516>、新光電気工業<6967>、任天堂<7974>、郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、KDDI<9433>などに注目。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均