市場ニュース

戻る

【材料】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にタムラ

タムラ <日足> 「株探」多機能チャートより
  「みんかぶ」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の23日午後1時現在で、タムラ製作所<6768>が「売り予想数上昇」2位となっている。同時に「買い予想数上昇」5位にも顔を出しており、強弱感が対立している。

 23日の東京市場でタムラが8日ぶりに反落。15日に日本経済新聞は「電子部品のタムラ製作所やAGCなどが出資するノベルクリスタルテクノロジー(埼玉県狭山市)は、次世代半導体材料である酸化ガリウムの100ミリウエハーの量産に世界で初めて成功した」と報道した。ウエハーの量産化に成功した酸化ガリウムは、ウエハーの価格が炭化ケイ素などより安く、より効率的に電気を制御できるため、次世代パワー半導体の開発に向けた期待が膨らんだ。これを契機に、それまで500円台で推移していた同社株は22日には一時1105円と短期で約2倍に急騰した。ただ、高値警戒感は強く、上値では利益確定売りが出ている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均