市場ニュース

戻る

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は5日ぶり大幅反発、ファーストリテが1銘柄で約85円分押し上げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

22日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり225銘柄、値下がり0銘柄、変わらず0銘柄となった。

日経平均は5日ぶり大幅反発。811.35円高の28822.28円(出来高概算5億5000万株)で前場の取引を終えている。

週明け21日の米株式市場でNYダウは6日ぶりに大幅反発し、586ドル高となった。原油高や根強い経済成長への期待を背景に、景気敏感株に再び買いが向かった。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が「経済の強さが金融政策を修正するにはまだ不十分」との見解を示したことも相場を押し上げた。本日の東京市場でも先週末にかけて下落した景気敏感株を中心に買いが入り、日経平均は502円高からスタート。その後も堅調な展開となり、この日の高値で前場を折り返した。

個別では、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、ソニーG<6758>が3%前後の上昇。三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株が米長期金利の反発を受けて買われ、その他売買代金上位もレーザーテック<6920>、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>など全般堅調となっている。業績予想の上方修正を発表した商船三井<9104>が急伸し、コンテナ船の共同出資会社が好調とあって郵船<9101>と川崎船<9107>も大幅高。また、ウェルネット<2428>などが東証1部上昇率上位に顔を出している。一方、中小型株の一角に利益確定売りや手仕舞い売りが出て、エムアップ<3661>やビーロット<3452>、NC-HD<6236>が東証1部下落率上位に顔を出している。

セクターでは、全33業種がプラスとなり、海運業、ゴム製品、倉庫・運輸関連業、不動産業、建設業などが上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の96%、対して値下がり銘柄は2%となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約85円押し上げた。同2位はダイキン<6367>となり、リクルートHD<6098>、ソフトバンクグループ<9984>、東京エレクトロン<8035>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  28822.28(+811.35)

値上がり銘柄数 225(寄与度+811.35)
値下がり銘柄数  0(寄与度0.00)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 81240 2360 +84.99
<6367> ダイキン 21305 800 +28.81
<6098> リクルートHD 5638 248 +26.79
<9984> ソフトバンクG 7680 121 +26.14
<8035> 東エレク 48230 660 +23.77
<9433> KDDI 3508 108 +23.34
<4519> 中外薬 4327 206 +22.26
<6857> アドバンテ 10040 260 +18.73
<6954> ファナック 26380 515 +18.55
<2413> エムスリー 7512 208 +17.98
<4543> テルモ 4482 111 +15.99
<6971> 京セラ 6846 206 +14.84
<9735> セコム 8600 358 +12.89
<6988> 日東電 8500 350 +12.60
<4503> アステラス薬 1973 69 +12.42
<6758> ソニー 10885 345 +12.42
<7269> スズキ 4644 301 +10.84
<2801> キッコーマン 7390 300 +10.80
<7203> トヨタ 9930 292 +10.52
<4568> 第一三共 2536 96 +10.37

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度

《CS》

 提供:フィスコ

日経平均