市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日ぶり反発、Enjin、メディネットが買われる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 22日前引けの東証マザーズ指数は前日比19.21ポイント高の1174.98ポイントと5日ぶり反発。値上がり銘柄数は309、値下がり銘柄数は39となった。

 個別ではFRONTEO<2158>、メディネット<2370>、GMOリサーチ<3695>、ユナイトアンドグロウ<4486>、ジーンテクノサイエンス<4584>など9銘柄が年初来高値を更新。Enjin<7370>、クリングルファーマ<4884>、Kudan<4425>、日本情報クリエイト<4054>、サイジニア<6031>は値上がり率上位に買われた。

 一方、アスカネット<2438>、シルバーエッグ・テクノロジー<3961>、Jストリーム<4308>、AHCグループ<7083>、Kids Smile Holdings<7084>が年初来安値を更新。海帆<3133>、ブリッジインターナショナル<7039>、NexTone<7094>、インフォネット<4444>、全研本社<7371>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

日経平均