市場ニュース

戻る

【市況】NY外為:ドル・円110円台前半で底堅い、STルイス連銀やダラス連銀総裁のタカ派発言で

米ドル/円 <日足> 「株探」多機能チャートより

NY外為市場で米長期金利の上昇でドル・円110円台前半で底堅い展開となった。米国債相場がブラード・セントルイス連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁のタカ派発言を受けて軟調。10年債利回りは1.44%から1.49%まで上昇した。ユーロ・ドルは1.1920ドルまで上昇後は、1.19ドル台前半でもみ合った。


セントルイス連銀のブラード総裁は「米国経済が年初に比べ、かなり強まった」とし、上方インフレリスクに備える必要があると訴えた。また、ダラス連銀のカプラン総裁は、2021年のGDP、6.5%成長、3.4%インフレを予想、失業率は4%まで低下するとの予想を示したほか、6月会合で発表された予測の修正は、経済の劇的な改善を反映していると述べた。

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均